いずみの里秋祭り=いずみの里(岡山県総社市)

2020/01/16

かつて吉備の国の中心として栄えた岡山県総社市は、絶壁にそびえる古代山城の遺跡「鬼ノ城」が現存し、鬼退治の伝説も残ることから、桃太郎伝説が生まれた町として知られています。同市の有料老人ホーム「いずみの里」はグループの医療クリニックやリハビリセンターなどが隣接する、入居定員50名の中規模ホームです。

同ホームでは11月10日、地域交流イベント「いずみの里秋まつり」が開かれました。オープニングでは地元の太鼓団体による演舞が披露され、入居者さんは子供の団員が太鼓を一生懸命たたく姿を温かく見守りました。

秋晴れのもと、子供たちが迫力ある和太鼓を披露しました

当日は地域の祭りも同時開催され、会場となった同ホーム駐車場は近隣の家族連れらで賑わいました。参加者同士の交流も進み、入居者さんと一緒にヨーヨーすくいを楽しむ子供たちの姿も。世代を超えた絆が生まれる1日となりました。

入居者さんも懐かしいヨーヨーすくいを楽しみました

医療法人弘友会 有料老人ホームいずみの里

住所:〒719-1126岡山県総社市泉1-213

開設年月日:平成18年12月1日

定員/居室数:50人/50室

問い合わせ先:

TEL 0866-94-5051(午前9時~午後6時)

Email izuminosato@mx9.kct.ne.jp

ホーム長からひとこと:入居者様の「その人らしい」生活の実現のために1人1人の食事・排泄・入浴にこだわり、もうできないだろうと諦めていた「家族と一緒の一泊旅行」「墓参り」等の実現、そしていつかは訪れる最期を支え見送る「看取り」を「その人らしい」にこだわり介護しています。いずみの里は入居者様を選ぶのではなく、「選ばれる施設」へ!(施設長・角孝司さん)

運営法人:医療法人 弘友会

フォローすると、定期的に
\ケアするWebマガジン『ゆうゆうLife』の更新情報が届きます。/

Facebookページをフォロー
Share
LINE